CBDが効かない人へ~効果には個人差がある

CBDの効果

こんにちは!たかゆきです!

今回はCBDが効かない人向けに、効果の個人差についてお話しします。

CBDの効き目には大きな個人差がある

CBDの効果は個人差が非常に大きいです。
私のように、ほんの少しだけ摂取しただけでめちゃくちゃ効く人もいれば、
大量に摂取しても全く効かない人もいます。

つまり、お酒と同じで、もともとCBDが効きやすい体質があるのだと思います。
私はお酒にも非常に弱くてコップ一杯のビールも飲めないのですが、CBDに関しても似たような感じでした。

海外では医療大麻が合法化されていますが、やはりめちゃくちゃ効果がある人と全く効果がない人がいるそうです。

どれだけ一度にCBDをつかうべきかは人によって全く違うということですね。

個人によっては微量のCBDでも効果を発揮する

CBDペンは摂取できるCBDの量が少ないので、ペン程度では全く効果がないという人もいます。
しかし、私はドンキに売っているCBDペンで下痢が治りましたし、皮膚炎とかもよくなりました。

現在、私はフルスペクトラムのリキッド(5%)を使っていますが、最初1回吸引しただけで眠くなり、頭がボーっとしていい気持ちになりました。

フルスペクトラムのCBDは製法上の都合で、ごくわずかながらTHC(大麻の酩酊成分)が含まれているそうです。
つまり、私の体はそんな微量のTHCにも反応してしまうほど敏感だというわけですね。

CBDが効かない人はどうすればいいのか

私のような超CBDが効きやすい人は適当に買ったCBDオイルやリキッドでも大丈夫だと思います。
しかし、なかなかCBDが効かない人はどうすればいいのでしょうか?

一つの選択肢はあきらめるということです。
別にCBDが効かなくてもほかの楽しみを見つければいいじゃないかという考え方です。

おそらく、私の経験上酒に酔いやすい人(酔うと饒舌になったり性格が変わる人)はCBDが効きやすいのではないかと思われるので、お酒が強い人は難しいかもしれません。

でも、CBDの効果をどうしても実感してみたいという人もいるでしょう。
そういう場合はフルスペクトラム製品を使ってみることをおすすめします。

効きにくい人にはフルスペクトラムがおすすめ

フルスペクトラム製品は、大麻から抽出されたあらゆる成分が含まれています。
その中にはごく微量のTHCや、CBD以外の健康成分なども含まれており、通常のCBD製品では摂取できない成分がたくさん含まれています。

ここからが重要なのですが、CBDだけを単独に摂取するよりも、大麻に含まれているそのほかの成分を一緒に摂取したほうが効き目が高いということが判明しています。

これをアントラージュ効果というのですが、本物の大麻が手に入らない日本でアントラージュ効果を実感できるのはフルスペクトラム製品だけになります。

ですから、CBDが効かない人は一度フルスペクトラム製品を試されてみてはいかがでしょうか?
ちなみに冒頭でも書きましたが私のようにCBDが効きやすい人間がフルスペクトラム製品を使った場合、頭がボーっとしてものすごい多幸感に包まれます。たぶん本物の草を使ったらヤバいことになると思いますw

 

コメント