CBDリキッドとCBDオイル、どちらがおすすめ?

CBDリキッド

CBDオイルとCBDリキッドのセット

こんにちは!たかゆきです。今回はCBDリキッドとCBDオイル、どちらがおすすめなのかということについて説明します。

CBDリキッドの方が効果が高い

結論から言うと、CBDリキッドの方がオイルよりも効果が高いです。

ですが、成分表を見ると、リキッドに含まれるCBDの濃度は薄いことが多いです。

一方、CBDオイルは濃度が数十パーセントのものも市販されており、そこだけを見るとCBDオイルの方が効果的なのでは、と考えがちです。

しかし、摂取した全てのCBDが吸収されるわけではありません。
実際、CBDオイルを舌下に垂らしても、※(CBDオイルは普通に飲むのではなく、舌下に垂らすと吸収されやすくなります)吸収されるのは20%未満だといわれています。

一方でCBDを肺から摂取した場合、吸収される効率はなんと舌下の4倍以上と言われています。
つまり、濃度5%のCBDリキッドでも、オイルに換算すると4倍以上の効果を発揮するというわけですね。

本来CBDは吸うもの

あと、これは私の考えですが、CBDは本来吸ってこそ効果を最大限発揮できると考えています。
大麻の場合、多くの人はタバコに混ぜたり加熱したりして、煙や蒸気を吸引します。

一方で大麻を食べたり、オイルを摂取するような使い方はあまりポピュラーではありません(大麻クッキーとかもありますが)
つまり、CBDの王道的な摂取の仕方はやはり吸引であって、オイルよりもリキッドの方が効果を実感しやすいのではないかと思うのです。

CBDオイルかリキッド、結局決めるのはあなた次第

ただし、非喫煙者のなかにはCBDリキッドに抵抗を感じる人もいるでしょう。
それに、そもそも20歳未満には電子タバコを売ってはいけないという自主規制もあるため、未成年はCBDオイルを使うことをおすすめします。
しかし、電子タバコに抵抗がないのであれば、無理にオイルを使うよりもリキッドを使ったほうがいいと思います。
そもそも、CBDだけでなく健康食品とは継続して使い続けなければ意味がありません。

わざわざ舌に垂らすオイルよりも、タバコのようにプカプカと吸引できるリキッドの方が習慣化しやすく、続けやすいです。
リキッドは体に悪いとか、効果が一過性のものであるとかは根拠が一切なく、ただの噂なので、どちらにするかはあなた自身が決めるべきだと思います。
つまり、CBDオイルかリキッド、どちらにすべきか決めるのはあなた次第なのです。

 

コメント