国産のCBDリキッドの意味は?効果は外国産より信用できる?

CBDの効果

こんにちは!今回は国産のCBDリキッドについて説明します!

国産CBDリキッドは「国内で製造された」という意味

たまに楽天市場などを見ると「安心の国産品」と宣伝しているCBDリキッドを見かけます。
ですが、この「国産」CBDリキッドの本当の意味は、単に国内でCBDリキッドを製造しているというだけです。

そもそも、CBDの原料である大麻は国内で生産することは法律で厳しく制限されており、CBDを製造する目的で国産大麻を
使用することはできません。

さらに、国外で作られた大麻を輸入することはどんな理由でも認められないため、大麻をCBDに加工するという行為自体が日本ではできないのです。

つまり、「国産CBD」の国産とは、海外で製造されたCBDを、日本国内でグリセリンなどと混ぜてリキッド化し、容器に詰め込んだだけのことです。
当然海外製のCBDよりも人件費などが発生するため割高ですし、国産品と比較しても何の差異もありません。

国産CBDリキッドは本当に「安心」なのか?

さらに、国産CBDリキッドが安心であるという根拠はどこにもありません。
たしかに、国産というとどこか信頼できるイメージがありますし、海外品というとどことなく杜撰なイメージがあります。

しかし、これはあくまでもイメージであり、実際には大きく異なります。
たしかに自動車や家電製品などは国産のほうが信頼できますが、CBDリキッドなどの健康食品は海外産のほうが安心できることもあります。
実は日本国内では健康食品に対する規制はほとんどなく、効果が期待できないうえに安全の基準を満たしていないものさえ存在します。

一方、欧米を中心とした海外製のサプリメントなどは品質などの基準が厳しく、国産よりも効き目が確かで安全なことが多いのです。

特にCBDに関しては、欧米のほうが優れていることは明らかです。
ただし、先述の通り国産品といっても海外で製造されたCBDをパッケージに詰め替えたものなので、安全性に関しても何ら問題ないと思います。

つまり、国産品のCBDと海外品のCBDは全く同じだといっても過言ではないでしょう。

まとめ

国産CBDの「国産」とは、単に国内でCBDをリキッドに加工したというだけにすぎません。
CBDに関しては日本ブランドと海外品の差異は全くありません。

コメント